• TOP>
  • MEMBER EVENTS>
  • イベント情報>
  • 1.18(Thu) ランチョンセミナー米国先端政策研究所上級研究員 グレン・S・フクシマ氏「トランプ政権一年目を振り返る」

MEMBER EVENTS イベント情報

1.18(Thu) ランチョンセミナー
米国先端政策研究所上級研究員 グレン・S・フクシマ氏
「トランプ政権一年目を振り返る」 
MEMBER EVENT
電話予約のみ受付

1.18(Thu) ランチョンセミナー<br>米国先端政策研究所上級研究員 グレン・S・フクシマ氏<br>「トランプ政権一年目を振り返る」

2018年最初のランチョンセミナーは、ワシントンDCに本拠を置く米国先端政策研究所上級研究員グレン・S・フクシマ氏にご参加いただきます。

2017年1月20日、ドナルド・J・トランプ氏が米国の第45代大統領に就任しました。多くの専門家がヒラリー・クリントン氏の当選を確実視していた中、大方の期待を裏切る形での就任となりました。政治、政策、政府機関、軍隊だけでなくワシントンDCにおける経験がない異色の大統領です。

就任一年目においてトランプ大統領は何を達成し、何を成し遂げられなかったのでしょうか。また、トランプ政権の残りの任期が、米国の未来、世界における米国の役割にどのような影響を及ぼすのでしょうか。学界、法曹界、官界、経済界において幅広い経験を有し、米国アジア関係の第一人者であるフクシマ氏にトランプ政権の一年目と今後の見通しについてお話しいただきます。


グレン・S・フクシマ

ワシントンDCのシンクタンクである米国先端政策研究所上級研究員。米国の大手法律事務所に勤めた後、米国大統領府通商代表部日本担当部長(1985-88)、米国通商代表補代理(1988-90)などを歴任。1990年から2012年にはアジアを拠点に欧米の多国籍企業の経営者として活躍し、在日米国商工会議所会頭を2期務めた。フクシマ氏は外交問題評議会委員、アジアソサエティー・グローバルカウンシル委員も務めている。カリフォルニア出身。スタンフォード大学、ハーバード大学大学院、慶應義塾大学、東京大学にて学ぶ。著書「日米経済摩擦の政治学」にて1993年に第9回大平正芳記念賞受賞。

日程 2018年1月18日
時間 12:00~13:30
料金 お一人様 ¥7,000(ランチ、セミナー)

*料金にお飲物は含まれておりません。
*お支払は当日、現金にてお願いいたします。
*なお、セミナー開始後のサービスはいたしかねますので、予めご了承ください。
*当イベントは会員のご家族もご参加いただけるイベントです。

このイベントは、お電話にてご予約を承ります。

イベント情報一覧へ戻る

ご予約・お問い合わせ:ダイニング予約 03-6406-6010 (9:30-21:00)